お客様のブラウザのTLS対応状況の表示

TLSのバージョン

TLS1.1以上に未対応の環境は8月31日までに対策が必要です

この度、弊社では暗号化通信のセキュリティ強化のために、2017年9月1日にTLS1.0暗号化プロトコルを無効化いたします。

TLS1.0の無効化により、 古い端末やブラウザでFC2IDへのログインができなくなる可能性がございます。

このページで、「お使いのブラウザはTLS1.1に対応していません。」と表示された場合は、ブラウザのアップデート・設定変更などの対応が必要です。

エラーが表示された場合は、お使いのブラウザのセキュリティ設定内で TLS 1.1 または TLS 1.2 暗号化プロトコルを有効化する必要がございます。 各ブラウザ―でのTLS1.1, 1.2の有効化について下記を参考にお願いいたします。

Microsoft Internet Explorer 8, 9, 10

ツールマークをクリック
インターネット オプション を クリック
詳細設定タブをクリック
TLS 1.1 の使用およびTLS 1.2 の使用にチェックを入れます。

Internet Explorer 8より前のバージョンはTLS1.1には対応していないため、アップデートが必要です。

詳細 Internet Explorer を再インストールまたはアップグレードするには (Microsoft社サポートページ)

Mozilla Firefox 23以降

Mozilla Firefoxのアドレスに【 about:config】と入力し 出たアドレスを開く
動作保証対象外となる警告画面が表示されますが、先へ進んでください。
詳細設定画面にて設定名「security.tls.version.max」の値を3に変更
Mozilla Firefoxを再起動し設定を反映

または、最新バージョンにアップデートしていただくことにより、TLS1.1, 1.2が有効になります。Mozilla Firefox 23より前のバージョンはTLS1.1, 1.2には対応していないため、アップデートが必要です。

詳細 Firefox を最新バージョンに更新するには (mozilla supportページ)

Google Chrome, Chrome for Android

Google Chrome 22以上をお使いの場合は、TLS1.1, 1.2が有効になっています。
Chrome 22より前のバージョンをご利用の場合は、22以上にアップデートが必要です。
詳細 Google Chromeを更新する (Google Chromeヘルプ)

Apple Safari(Mac OS)

Safari 7 以上(OS x v10.9以上にバンドルされているブラウザ)をお使いの場合は、TLS1.1, 1.2が有効になっています。
Safari 7より前のバージョンを利用している場合は、7以上にアップデートが必要です。
詳細 Mac 用の最新バージョンの Safari を入手する (Apple社サポートページ)

Safari(IOS iphone,ipadなどをご利用の方)

Safari5以上(iOS5以上にバンドルされているブラウザ)をお使いの場合は、TLS1.1, 1.2が有効になっています。
これより前のバージョンをお使いになられている場合は、アップデートが必要です。

詳細 iPhone、iPad、iPod touch の iOS ソフトウェアをアップデートする (Apple社 サポートページ)

TLSとは?

TLS(トランスポート・レイヤー・セキュリティ)は、インターネットなどのコンピュータネットワークにおいてセキュリティ(認証、暗号化)を要求される通信を行うための通信手順です。